「天才はあきらめた」感想文。山里亮太の天才性。

天才、山里亮太が、天才をあきらめた、っていうことが反語っぽくてすごい。

山里亮太すごい。

特に若林正恭の解説が秀逸。

 

泣いてしまった。

たりないふたりをずっとみてきて、その関係性は最高。

 

天才なんだよ。山里亮太。

 

それでも自分を天才ではないとして、自分を顧みる努力を続けられる天才。

努力=かっこいい、っていうのを自分で体現している天才。

 

お笑いモンスターではないけど、お笑いサラリーマンではあるんだろうな。

 

自営業っぽい人。

 

あのワードセンスに対して、それを天才ではないとする山里亮太自身がかっこいい。

モテたいんだろうけど、努力がすごすぎてモテなさそう。

それがまたかっこいい。

 

他力本願(南海キャンディーズ初の単独ライブ)行けてよかった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA