ベイビー・ドライバーのDVD・Blu-ray発売!口コミ抜群のカーチェイス版ラ・ラ・ランド?ガーディアンオブギャラクシー?

ベイビー・ドライバーを購入するならこちらをどうぞ

ベイビー・ドライバーのあらすじ!

ベイビー・ドライバーは、2017年8月に公開したアメリカの映画。「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」などで知られるエドガー・ライト監督が、音楽にのりながら驚異の運転テクニックを発揮する若きドライバーの活躍を描いたオリジナル作品。

イギリスの映画監督エドガー・ライトがいよいよハリウッドに進出したことで注目されたアメリカ映画!若者の圧倒的な支持を得て大ヒットして日本でも上映されました!

おれは映画館で見たんですが…かなりわくわくしたし、カーチェイスというよりはロマンス映画、って感じがして、本当に面白かったです。そういうところがラ・ラ・ランドって感じなんでしょうね。

天才的ドライビング・センスが買われ、組織で“逃がし屋”として働くベイビー(アンセル・エルゴート)。
彼の仕事は、銀行や現金輸送車を襲ったメンバーを確実に“逃がす”こと。
子供の頃の交通事故が原因で耳鳴りが止まなくなり、それを消すために、彼は四六時中イヤフォンを身につけ音楽を聴いている。
組織のボスのドク(ケヴィン・スペイシー)、短気でクレイジーなバッツ(ジェイミー・フォックス)、凶暴すぎる夫婦バディ(ジョン・ハム)とダーリン(エイザ・ゴンザレス)。
彼らとの仕事にスリルを覚え、才能を活かしてきたベイビーだったが、恋人デボラ(リリー・ジェームズ)の存在を嗅ぎつけられ、組織から抜け出す決意をする。
恋人と組織を道連れに、最後の仕事がいま、暴走を始める―!

ベイビー・ドライバーのキャスト

ベイビー:アンセル・エルゴート(下川 涼)

アンセル・エルゴートの映画デビューはクロエ・グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア共演『キャリー』(2013)、2014年にはシャイリーン・ウッドリー、ケイト・ウィンスレットらと共演した『ダイバージェント』、ジェイソン・ライトマン監督作『ステイ・コネクテッド~つながりたい僕らの世界』、そして再びシャイリーン・ウッドリーと共演した『きっと星のせいじゃない。』3作に出演して、ティーンスターの地位を確固たるものにしました。

アンセル・エルゴートは、ミュージシャンとしても才能の場を広げ、音楽フェスやイベントでDJを勤め、“DJアンソロ”の名でデビューシングル「To Life」をリリースした。また、191cmの長身を生かし、プラダのキャンペーンモデルとしても活躍しています。

今うれてるスーパースターの一人ですね。

デボラ:リリー・ジェームズ(竹内 恵美子)

リリー・ジェームズは、2012年に『タイタンの逆襲』で、長編映画デビュー。イギリスのテレビドラマシリーズ『ダウントン・アビー』で人気に。2013年、ディズニー映画『シンデレラ』主役の座を射止め、世界的スターになりました。

2016年、ジェーン・オースティンの名作を基にしたホラー・コメディ『高慢と偏見とゾンビ』でヒロインを演じ、舞台「ロミオとジュリエット」では『シンデレラ』の監督ケネス・ブラナーの演出で、 キット王子役のリチャード・マッデンとも再共演を果たしました。

ドク:ケヴィン・スペイシー(石塚 運昇)

ケヴィン・スペイシーについては説明する必要がないぐらい有名ですよね。1986年の『心みだれて』で映画デビュー。1991年にはニール・サイモン演出の「ロスト・イン・ヨーカーズ」でトニー賞を受賞し、1995年デイヴィッド・フィンチャー監督『セブン』のサイコパス役で注目を集め、同年ブライアン・シンガー監督『ユージュアル・サスペクツ』でアカデミー賞助演男優賞に輝きます。

『評決のとき』(1996)、『L.A.コンフィデンシャル』(1997)、『交渉人』(1998)などで着実に演技派としての幅を広げ、1999年、『アメリカン・ビューティー』でついにアカデミー主演男優賞を受賞しました。

ケヴィン・スペイシーは、プロデューサーとしての能力も高く、『ラスベガスをぶっつぶせ』(2008)、『ソーシャル・ネットワーク』(2010)、『キャプテン・フィリップス』(2013)などの製作に携わっています。

バッツ:ジェイミー・フォックス(江藤 博樹)

ジェイミー・フォックスは、若手のころオリヴァー・ストーン監督に抜擢され、『エニイ・ギブン・サンデー』で映画俳優としてブレイクしました。さらには盟友ウィル・スミスと共演したマイケル・マン監督作『ALI アリ』(2001)、トム・クルーズと共演したマイケル・マン監督によるサスペンスドラマ『コラテラル』(2004)を経て、2005年、テイラー・ハックフォード監督による伝記映画『RAY /レイ』で、アカデミー主演男優賞を獲得。

このベイビー・ドライバーはアカデミー主演男優賞の共演でもあるんですよね。大物が若手を育てる感じがしていい映画な雰囲気出ますよねー。

ジェイミー・フォックスは、アカデミー獲得後も『ドリームガールズ』(2006)、『キングダム/見えざる敵』(2007)、『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)、『ホワイトハウス・ダウン』(2012)、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)など話題作にぞくぞく出演しています。

バディ:ジョン・ハム(東地 宏樹)

ジョン・ハムは『スペース カウボーイ』(2000)、『ワンス・アンド・フォーエバー』(2002)など映画の端役出演の後、2007年スタートのMC製作テレビドラマシリーズ「MAD MEN マッドメン」がヒットし、2008年のゴールデングローブ賞で男優賞(ドラマ部門)を受賞。
ほかの映画作品には『地球が静止する日』(2008)、『ザ・タウン』(2010)、『ミリオンダラー・アーム』(2014)などがあります。日本ではメジャーな俳優というわけではないですが、面白い演技をする俳優さんですね。

俺この映画でいちばん気になったのはバディでしたね。

ダーリン:エイザ・ゴンザレス(きそ ひろこ)

すっごいグラマラスな女優さんですよね。

エイザ・ゴンザレスさんは、メキシコで歌手として2009年にデビューアルバム「Contracorriente」をリリースし、アメリカでも翌年発売されました。メキシコでの成功の後、ハリウッドに進出しミュージカルや数多くのドラマにも出演しました。

ロバート・ロドリゲスが1996年に監督した映画を自らテレビドラマ化企画し、製作総指揮を執ったシリーズ「フロム・ダスク・ティル・ドーン ザ・シリーズ」の“地獄のサンタニコ”役で一躍スターの座に躍り出ました!!

次回作にもロドリゲス監督でミシェル・ロドリゲス、ジェニファー・コネリー共演の『Alita:BattleAngel』が待機しています。

ベイビー・ドライバーはカーチェイス版ラ・ラ・ランド?

ラ・ラ・ランドのようなミュージカルは、音楽に乗せてキャラクターたちを躍らせます。

しかし、このベイビー・ドライバーは、音楽に乗せてのダイナミックなアクションシーンを用意しています。

どちらかといえば、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーみたいですよね。

音楽と映像が完璧にマッチしているんですが、それもエドガー・ライト監督が、

曲を決めてから脚本を書くという製作方法をとっているからでしょうねー。

 

イントロが長ければ、展開をじらすようなシーンをとり、

曲が盛り上がれば盛り上がるほどストーリーも盛り上がる展開にしていきます。

このベイビー・ドライバーはすべてが曲ありきで構成されているし、

そのために登場人物がいるんですよね。

これがミュージカルとのつながりなんでしょうね。

 

ベイビーが、音楽に合わせて華麗なドライビングテクニックを披露し、

ハラハラどきどきのカーチェイスシーンをするんですが、

そこまでのカーチェイスというよりはロマンスのほうが強い気がしましたね。

ベイビー・ドライバーの口コミは?

ベイビー・ドライバーの口コミがかなりいいんですよねー。

前評判どおりとても楽しめました。予告編のカーアクションはいきなり冒頭のシーン。
ほとんどのシーンで音楽が流れており、音楽に合わせて役者さんが演技してる感じ。
特典でありましたけど、ある意味ミュージカル的な要素も強い。
物語はシンプルでしたけど、なんか始めてみるパターンの映画でとても新鮮です。
主人公の彼女がホント可愛いです。UHDBD/BD/特典BDという販売もありがたい!
それにしてもUHDBDは勿論ですがBDも素晴らしい解像度となっています。

これ程、何から何まで行き届いた面白い映画はそう無い!ここまでキッチリ音楽と画面がシンクロした映画もそう無い!繰り返しの鑑賞が快感になる稀に見る傑作!

上映している劇場が少なかったため今作を知らない方や、劇場で見ることができなかった方が多いと思いますが必見です。
”音楽”がキーになっている映画なのでぜひ大音響で見たい映画です。
場面や人物の動作にぴったりな音楽が古今東西ジャンルを問わずに”襲い”かかってきます。
ヒロインのリリー・ジェームズが超カワイイです!
1回めの視聴では恐らく気づかない演出がされているので、言わずもがなだと思いますが、2回以上の視聴がオススメです。
ラ・ラ・ランドでやりきれない気持ちになった人にもぜひ見て欲しいです。
個人的には2017年最高の映画でした。

マーベルや人気作の続編ではないオリジナル脚本の映画。かなり面白い映画です。

カーアクションやスタイリッシュな映像・音楽は喧伝されているので良いのですが、カーアクション以外の銃撃戦やストーリー展開も秀逸です。

笑いの要素も入っています。

しかし実態はかなりヘビーなサスペンス要素もあり、単にスタイリッシュなアクション映画ではない、ということでいい意味でも期待を裏切ってくれると思います。

「ザ・コンサルタント」もそうですが、オリジナル脚本でいい映画は本当に素晴らしいと思います。

劇場で観てイカしたノリに痺れて以来、ずっとBDを心待ちにしていました。
仕様に書いてある通り、DOLBY ATMOSに対応しているのはUHD-BD版のみとなります。
エンジンの振動に心臓のビートが同調してしまうような方ならば、是非も無くハマるはず。
ロマンスはあれど難しさはないので、後はノれるかどうか。
演出が合えば、クセになります。

ベイビー・ドライバーはアマゾンで買えばめちゃくちゃ安い?

Amazonで購入すると、DVDやBlu-rayは通常の店舗で買うより、

安いんですよね。なので、購入するならインターネットがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA